ほくろの位置によって手相の結果がガラリと変わる

中央にある場合の金運

気を付けること

タロット

手のひらに存在するほくろに関して、中央部分にあるものを、手相では福つかみと呼びます。これは、福をつかむと決して手放さないとされ、縁起の良いほくろです。福つかみのポイントは、手を握った際に無理なくほくろが隠れるところです。手相で福つかみは、金運に恵まれ、生命線や頭脳線に接触していなければ、より強運を授かるといわれています。手のひらに存在するほくろで、生命線と頭脳線の中間にある場合は、最も福つかみの恩恵を受けられるといわれています。自分では想像もしなかった資産や名誉をつかみ、お金の心配をすることがないと手相ではいわれています。ただし、予想外の幸せに戸惑い、適切な判断が出来なくなることに注意しなければなりません。このポイントにほくろがある場合は、大金を入手しても1人で物事を決めず、他人の考えを聞くことが大切です。手のひらに存在するほくろで、感情線と頭脳線の中間より若干上にある場合も、手相では金運に優れているとされています。ただし、お金の心配がない分、気苦労が増えるということも示唆されています。真ん中より若干上にほくろがある人は、平穏な感情を維持できるための工夫を考えて、前向きに捉えることで精神的な改善につながります。手のひらに存在するほくろで、生命線と頭脳線の中間で、少し下部にある場合も、金運に恵まれるといわれています。ただし、健康面で問題の点があるという警告もされています。そのため、日常から暴飲暴食を控え、健康に気を使った生活をより意識することが大切です。

ヒントとなる小さなサイン

水晶

指に出ているほくろは、運勢を知る時の1つの手がかりになります。それぞれ独立した意味を持つ指にほくろがあることで、新たな解釈が生まれます。ほくろの意味するところを知る上では、各指の解釈を押さえておくのが基本です。手相において親指は、親や身内との関係を見る指に当たり、その方のバックグラウンドなどが現れてくる場所です。この指にほくろがあると、身内や生家とのトラブル、揉め事などが懸念されます。ほくろが親指のどの位置にきているかも、意外に大切なポイントです。指先に近い場所なら性格的な問題による身内との衝突などが考えられます。一方、親指の下の部分にほくろがあると、こちらは異性関係でのトラブルが心配です。仕事運などに関わってくるのが、人差し指や小指のほくろです。人差し指は、リーダーシップや意志力、小指はお金に関する運気が現れる指と考えられています。こういった指にほくろがある場合は、仕事や金銭関係で少し注意を要します。親指同様に、場所によって解釈が変わるため、位置にも目を配っておくのが望ましいと言えます。その他、中指は警戒心、薬指は芸術的なセンスを現すというのが手相の解釈であり、ほくろの意味合いも様々です。このような指に関しては、性格上の欠点を現すなど、場所によっては余り深刻でない場合もあります。手相では、指のほくろを余り良い意味で捉えませんが、場所を確かめずにネガティブに解釈するのは早急です。より良い生活を送るためのヒントとして捉えたいのが手相です。

未来に呼びたい幸運を

占い師

手相ではシワの入り具合や入っている場所によって運気を占いますが、あまりよくない運気でも、手相をかくことで上げる方法もあります。赤いペンを使って希望している運気を引き寄せる為の線を引くことで、金運や仕事運、恋愛運を高める方法です。線だけではなく、ほくろを書く方法もあり、運気をアップするといわれる福つかみを書く事で、運気をアップさせる人も少なくありません。書く時には死にぼくろといわれる赤や茶色を避け、黒いペンでしっかりと書く事が福をつかむポイントです。ほくろの大きさは人によって異なりますが、福つかみの場合、どの線にも触れずに自然に手に隠れるように書きましょう。書く事で運をアップさせ、自信を持って物事を進められるように努力することで、運を本物としてつかめるやり方といえます。線が赤くなっていると運が強まっている証拠であり、さらに線が濃くなっていると運が強くなっている証拠なので赤くして、更にほくろを書く人も珍しくありません。聞き手がどちらかによって異なりますが、手相では男女によって運を見る場所が異なり、女性は右側の手が未来、男性は左側の手が未来を指します。未来に運のよいことが待っていてほしい人は、右手に望む運をアップする線を書くか、ほくろを書くことで、よい運を運びやすくなるでしょう。一見すると悩みの種だった部分が、実は手相でとてもよい運を持つ象徴の可能性もある為、一度プロに見てもらうことをお勧めします。

占いで運気を知る

タロット

手相占いやほくろ占いは、自分自身の手のひらやほくろから運気を占う事ができるので人気の占い方法です。特に、手のひらの真ん中にあるほくろは福つかみと呼ばれており、幸運がつかめると考えられていて縁起が良いとされています。

もっと読む

中央にある場合の金運

タロット

手のひらの中央部分にほくろがある場合、手相では金運の象徴とされています。この部分にあるほくろのことを、手相では福つかみと呼びます。その中でも、最も金運に恵まれているほくろの位置が、頭脳線と生命線の中間にあるケースです。

もっと読む

気軽に占えるあるモノとは

ストーン

手相占いで、ほくろは重要な情報を持っています。 ほくろの色や位置によって診断結果は変わりますが、特に気を付けてほしいのは手のひらの中央と中指にあるほくろです。 手相は変化するものなので、悪い結果であっても落胆せずに自分の行動を改めていくことが大切です。

もっと読む