ほくろの位置によって手相の結果がガラリと変わる

気軽に占えるあるモノとは

どんなことがわかるのか

ストーン

手のひらを見てみてください。手のひらに「ほくろ」はありますでしょうか。もしある方は、ほくろのある位置とほくろの色、そしてどちらの手にほくろがあるかを注目しながらこの記事を読んでください。 手相占いにおいて、ほくろは実はとても大事な情報です。先述したようにほくろの色と位置によって運気が変わってくるのです。 まず、色についてですが、色の濃淡によって「活きぼくろ」と呼ばれるものか「死にぼくろ」と呼ばれるかに分かれます。色の濃い活きぼくろは、運気アップに繋がり、逆に色の薄い死にぼくろは運気ダウンに繋がるといわれています。 次に、位置についてです。左右どちらの手あるか、というところから説明すると、左手にあるほくろは生まれつき持っている性質などを表し、右手にあるものは成長過程での経験や環境によって変化した性質を表しています。これは手のひらのシワを見る手相占いでも同様のことがいわれています。 位置について特に注目してほしいのは、手のひらの真ん中と、中指の下にあるほくろです。 手のひらの真ん中にある活きぼくろは幸運を引き寄せるといわれています。死にぼくろの人は運気を独り占めしようとして逃してしまうかもしれません。 中指の下にあるほくろですが、活きぼくろの人は忍耐強いのですが溜め込みやすい傾向にあるとされ、死にぼくろの人は孤独な人生を送りやすいとされています。中指の下にあるものについては、活きぼくろでも死にぼくろでも注意しなければならないということです。 しかし、手相は変化するといわれるように、ほくろも変化します。日々の行いによって死にぼくろが活きぼくろになる可能性もありますので、落胆せずに自分の行動を振り返り、改善してみましょう。 今回は手のひらの真ん中と中指の下に位置する時の運気について説明しましたが、まだまだ他にも色々な診断結果がありますので、興味のある方は手相について調べてみることをおすすめします。

占いでわかること

手相

手相占いによって、その人の運勢や適性が判明する事があります。手相を見たときに、知能線が長い人は、物事をじっくりと考える傾向があります。知能線が短い人は、勉強において短期集中型の人が多いと言われています。さらに、手相鑑定は占い師によって方法が異なります。手相診断で、感情線が長い人は芸術方面に才能があるとされています。また運命線が濃くて長い人は、独立開業に成功するタイプが多いです。また、生命線が長い人は体力勝負に自信があるでしょう。もっとも生命線が短い人の中にもスポーツが得意な人がいるために、注意が必要です。また、手相は線の強弱によっても、診断が異なります。一般的に手相の線が濃い人は、対人関係も快活で広く浅い人間関係を好みます。反対に、手相の線が全般的に薄い人は、デリケートな人が多く、対人関係も狭く深い関係を望むでしょう。手相は、年月が経つことで変化します。したがって、手相鑑定に一喜一憂することなく、目の前の出来事を努力する姿勢が大切です。また、手相の中でもほくろは重要な意味を持ちます。手のひら、手の甲、手の指のほくろの位置で占っていくのが一般的です。ほくろがある位置をエリアで分けて占います。さらに、手のひらにあるほくろの中で重要な掌線の上にある場合、とても大きな意味を持つといいます。掌線の上にあるほくろは、今後注意すべき出来事を指しています。例えば、寿命に関わる生命線にほくろがあるときは、急病に注意という意味があります。

運勢だけではなく性格も

星座

ほくろというのは科学的にみればメラニン色素が沈着してしまったものですが、手相の世界ではほくろの位置によってその人の運勢がわかるだけではなく、性格診断が出来ることもあります。自分の運勢が知りたいという人だけではなく、気になる人の本当の性格が知りたいという人も少なくないでしょう。手相というと何だか難しいイメージがあって素人では判断出来ないのではと思われがちですが、いくつかのポイントを抑えておけば素人でもある程度の性格診断をすることが出来ます。手の平といっても指の先から手首まで様々な位置にほくろがあることがありますが、手相では細かくどの位置にほくろがあるかどうかで占うことも出来ます。しかし、それは素人には判断が難しいことが多いためにおおよその位置でも性格診断をすることは可能です。指先にあるという場合には、全般的に頑固で嫉妬深い傾向にあります。指先ではなく付け根部分にあるという場合には、指先とは違って大胆な行動が多い人に見られるとされています。手の平の中心部分にある場合には物事をあまり深く考えない人が多いとされていますが、それと同時に商才がある人も多いとされています。手の平の中でも親指の下の膨らんでいる場所は愛情を表す場所ですが、それと同時に傲慢も暗示していますので注意が必要です。手首部分にある場合は親類と縁が薄くなる傾向にあるため、自分の力で何でもやろうとする傾向にあるとされています。これらの手相は自分にも言えることなので、思い当たる節があるという場合には注意することも大切です。

占いで運気を知る

タロット

手相占いやほくろ占いは、自分自身の手のひらやほくろから運気を占う事ができるので人気の占い方法です。特に、手のひらの真ん中にあるほくろは福つかみと呼ばれており、幸運がつかめると考えられていて縁起が良いとされています。

もっと読む

中央にある場合の金運

タロット

手のひらの中央部分にほくろがある場合、手相では金運の象徴とされています。この部分にあるほくろのことを、手相では福つかみと呼びます。その中でも、最も金運に恵まれているほくろの位置が、頭脳線と生命線の中間にあるケースです。

もっと読む

気軽に占えるあるモノとは

ストーン

手相占いで、ほくろは重要な情報を持っています。 ほくろの色や位置によって診断結果は変わりますが、特に気を付けてほしいのは手のひらの中央と中指にあるほくろです。 手相は変化するものなので、悪い結果であっても落胆せずに自分の行動を改めていくことが大切です。

もっと読む